交通事故での慰謝料請求の注意点

交通事故では被害者と加害者が存在していることが多く、被害者は怪我の有無などに関係なく加害者に対して慰謝料を請求することができるようになっています。

逆に言えば加害者になってしまうと慰謝料を請求される可能性が高く、どの程度の金額が提示されるのかは示談で話し合う必要が出てきます。



ここで注意するべき点としては、交通事故に関わらず慰謝料には上限や下限は厳密には存在していないと言う点です。



もちろん被害者の支払い能力なども関わってくるので必ずしも希望した金額を受け取ることは出来ないのですが、逆に言ってしまえば支払い能力で対応することが出来る金額であれば提示することは可能であり、支払うようにいわれる可能性も高いと言うことになります。

また、慰謝料の計算に関しては様々な計算方法がありますが、それを提示する際には色々と診断書などの書類が必要となります。



と言うのも、交通事故でどの程度の損害を負ったのかという証明が必要になってきますし、実際にどの程度の治療費などのお金がかかったのかを把握すると言う意味合いでも重要となってきます。

加害者側としてはそれらを提出された場合は治療費などを負担することが必要となりますし、それら以外のお金として慰謝料を請求されると言うことになります。

なので示談も1回でまとまると言うことは無く、素人同士で話をするとこじれてしまうことも多いので弁護士などの第三者を挟んでの話し合いが推奨されています。